台湾

【台湾グルメ】台北の中山でコスパの良い小籠包を食べるなら京鼎樓(ジンディンロウ)がおすすめ!

台湾旅行での楽しみの1つは小籠包ですよね。私も台湾に行った時に何十個食べたかわからないほどです♪

そんな美味しい台北中山区にある小籠包屋さんで、ほとんどの台湾旅行ガイドブックに掲載されている京鼎樓(ジンディンロウ)を今日はご紹介します♪

斬新な烏龍茶小籠包が食べれる「京鼎樓」

MRT中山駅から徒歩でいける京鼎樓(ジンディンロウ)。鼎泰豊出身の人が開いたお店とのことで期待してました。ここでは烏龍茶小籠包という一風変わった小籠包が食べれます。

f:id:hapimo6164:20170519203212j:plain

海外レストラン予約サイトの「グルヤク」を使えば、無老鍋の予約はどこからでも日本語で予約できます。手数料が1名500円かかりますが、特別な要望も含めて確実な予約ができるのでおすすめです。
>>京鼎楼(ジンディンロウ)の予約はこちら

京鼎樓で食べて美味しかったメニュー

僕ら夫婦が食べて美味しかったメニューを紹介しますので、行くひとはぜひ参考にしてください。

豆苗エビ炒め

f:id:hapimo6164:20180321054938p:plainウォーミングアップでまずはエビの空芯菜。豆苗とエビのニンニク炒めみたいなものです。台湾の前菜といえばニンニクの効いた空芯菜ですね。空芯菜自体は台湾のどこのレストランに行ってもありますが、エビと一緒になっているのはちょっと珍しい。エビがプリプリで塩加減もちょうどよくものすごく美味しかったです。

嫁子
嫁子
次行っても絶対食べるランキング1位です♪

ウーロン茶風味小籠包

f:id:hapimo6164:20180321055008p:plain皮にも餡にもお茶が練りこまれている変わり種小籠包。これが、烏龍茶小籠包。茶色じゃなくて緑かい!って思いましたけど、お茶といわれればお茶のようなビターな香りは一応しました。普通に美味いです。

中の餡も緑色で肉汁も緑色ですが嫌な感じの緑ではないので食べる時に邪魔になる事はなかったです。

嫁子
嫁子
ふわっとお茶の香りがして、普通の小籠包よりもさっぱり食べれたよ。

野菜蒸し餃子

f:id:hapimo6164:20180321055030p:plain餃子のメニューもあったので、何か1つ頼もうと言う事で野菜餃子を。この野菜餃子は細かくすりつぶしたほうれん草がぎっしり入っています。

嫁子
嫁子
焼きではないので脂っこさもなくヘルシーなのに美味しい餃子で、旅先で食べ過ぎちゃった女性も罪悪感なく食べれちゃいます♪

混雑しているのでテーブルもそこまで広くはないのですが、頼んだものはすぐに出てくるのでこの写真のようにどんどん重ねられていきます。

hassy
hassy
安くて美味しいだけにとにかくじゃんじゃん食べたよね。

スタンダードな京鼎小籠包

f:id:hapimo6164:20180321055052p:plain

お待ちかね京鼎小籠包、お店の看板小籠包さんです。鼎泰豊が上品で洗練された美味しさだとしたら京鼎樓は素朴でジューシーな美味しさ。ザ・小籠包という感じ。ビールを飲みながら食べるのが最高。

レンゲにのせて皮を破くとレンゲからこぼれ落ちそうなほどの豚足からとった美味しいスープが、じゅわわ〜っと溢れ出してきます。

嫁子
嫁子
何個食べてもまだ食べたくなっちゃう!

台湾式本格ジャージャー麺

最後はジャージャー麺で〆ました。

この辺で気づきましたけど、台湾料理って品数が多くなるのでできるだけ大人数が食べるのが良いですね。大食いの僕には関係ないですが普通の人がひとりで行っちゃうと小籠包食べてすぐにお腹パンパンになっちゃいます。

hassy
hassy
僕はこの辺でようやくお腹爆発寸前。

【余談】京鼎樓の店内で台湾人の彼女をお母さんに紹介する日本人男子。

京鼎樓の店内には日本人客が沢山いました。観光客だけでなく明らかに駐在員として働いていそうな日本人も。

僕の隣のテーブルで食事をしていたある日本人のグループは、ある日本人の親子に台湾人の女の子。隣なので丸聞こえだったのですが、どうやら日本人の息子の方が台湾人の彼女をお母さんに紹介している様子。息子の顔の割には女の子が美人だったのでちょっと金の匂いがしましたが、日本人って結構台湾でモテるんじゃないかなと思いましたね。独身男性は台湾来ればワンチャンあるかもしれません。

日本人息子は一生懸命に彼女の良さをお母さんにプレゼンし、彼女は気に入られようと健気に笑顔を振りまいているのに、お母さんはどうも煮え切らない顔。「外人は無いわ。」みたいな。息子の幸運を祈って僕はお店を後にしました。

一度は食べたい京鼎樓、予約するのが無難です

なにを食べても美味しい京鼎樓ですがこちらのお店は、日本のガイドブックにはもちろん、世界中の台湾ガイドブックに掲載されている大人気店ですので、ご飯の時間から少しずらして来店するのがおすすめです。

ちなみに私が行ったのは現地時間で21時ごろでしたが、1階は満席で2階はほぼ満席といった感じでした。

待つのが苦手な人はあらかじめ予約しておきましょう。

海外レストラン予約サイトの「グルヤク」を使えば、無老鍋の予約はどこからでも日本語で予約できます。手数料が1名500円かかりますが、特別な要望も含めて確実な予約ができるのでおすすめです。
>>京鼎楼(ジンディンロウ)の予約はこちら

ちなみに店内のお客さんの8割は日本人でした(笑)

ちなみに、京鼎樓は日本にもお店が展開しています。旅先で食べる味とはまた違うかもしれませんが、気分だけでも味わいたい方は是非試してみてもいいですね♪

ABOUT ME
hassy
hassy
ヘンピな国で派遣社員として働きながらブログ書いてます。体重95キロから筋トレダイエットで14kg痩せたら行動力が倍増したので副業に注力中。30代が健康と収入面で幸せになれるコツをしぼりだします。最近脱メタボしました。副収入は約13万円。