台湾

台湾のSIMカードは桃園国際空港で余裕で買える。

台湾旅行の際、ネットをどうするかっていう不安がある人もいるかもしれません。

結論を言うと空港でシムカードを買えばそれ以降何も気にする必要がありません。

僕の場合、前回も今回も桃園国際空港到着便で台湾を訪れましたが空港でシムカードを買って以降、どこのWi-Fiにも繋ぐことはありませんでしたね。

サクッと空港でのシムカードの買い方をまとめます。

まず、自分のケータイがシムフリーであること

これが前提条件です。海外で買ったケータイを日本で使ってる人、あるいは日本で格安SIMを契約してる人は問題ありません。

私はテザリングがメンドくさかったのでauだったのをSIMフリーにしました!

空港に着いたらシムカード屋へ直行する

空港の到着ゲートを出たら左手に進み突き当たりまで行くと曲がり角があります。曲がってスグが僕がいつも買ってるシムカード屋さん。

f:id:hapimo6164:20180402000112j:image

曲がり角を曲がってすぐの光景はこんな感じです。人がいるカウンターのところですね。

f:id:hapimo6164:20180402000230j:image

この看板が目印です。まずはここを目指します。

台湾のシムカードを買う。

f:id:hapimo6164:20180402000329j:image

店員さんは英語OK。日本語もシムカードくらいならわかると思います。シムカードが欲しい旨を伝えるとどの種類にするか聞かれます。

種類は単純で、全部で5種類。

  • A: 300台湾ドル(3日間データ通信使い放題。100ドル分通話無料)
  • B: 300台湾ドル(5日間データ通信使い放題。50ドル分通話無料)
  • D: 500台湾ドル(7日間データ通信使い放題。150ドル分通話無料)
  • E: 500台湾ドル(10日間データ通信使い放題。100ドル分通話無料)
  • F: 700台湾ドル(15日間データ通信使い放題。100ドル分通話無料)

ご自身の滞在日数に合わせればOK。

カンタンな購入の流れ

  1. A〜Fのプランを決めてつたえる。
  2. パスポートの提示を求められるので、見せる。
  3. 店員さんにシムカードを入れてもらい、データ通信の接続設定をしてもらう。
  4. データ通信ができることを確認する。(グーグル検索してみるとか、LINEを開くとか。)
  5. 書類にサインする。
  6. お金を支払う。

ありがたいことに店員さんがシムカードを入れてモバイルデータ通信のためのケータイの設定までしてくれます。

ただし店員さんはケータイ屋さんではないので、設定がうまくできないこともあるので、そういう時はせめてケータイの言語設定を英語にしてあげましょう。

ちなみにiPhoneは楽勝でやってくれるので大丈夫です。

台湾のモバイルデータ通信は快適

台湾のデータ通信はすでに4G通信でかなりのエリアをカバーしてるっぽいです。そのため感覚的な接続速度は日本と全く変わりません。

テザリング(インターネット共有)でパソコンもタブレットも接続し放題。カップルや友達との旅行なら誰か1人が契約しておけばみんなで使えます。これで300〜700台湾ドルは激安です。

日本も外国人観光客のためにこれくらいの料金設定にしてあげて欲しいくらいですね。

ほんと日本の携帯キャリアは終わってる(笑)

以上、台湾に訪れる誰かの役に立てれば幸いです。

ABOUT ME
hassy
hassy
ヘンピな国で派遣社員として働きながらブログ書いてます。体重95キロから筋トレダイエットで14kg痩せたら行動力が倍増したので副業に注力中。30代が健康と収入面で幸せになれるコツをしぼりだします。最近脱メタボしました。副収入は約13万円。