ダイエット

体重が約100キロになったのでデブのメリットを紹介するよ!

こんにちは、hassy(@pukapukalife)です。

僕のブログを見てくれている人はすでにご存知のはずですが、僕はいつも美味しいものを食べています。

食べるっていうのは人間の3大欲求のひとつですからね。ほんとに幸せな日々を送らせてもらっています。こんなことばっかりやってるので会社や友人の間でも僕のグルメ&大食いキャラも確立しつつあります。

ちょっと、こちらをご覧ください。

こちらがつい先日の僕の体重

クソデブ丸出しですこの体重は自分でもちょっとやばいなーって思うんです。

でもちょっと数字が中途半端なんで、この際100キロ行ってみようって思ったんですよ。2ケタの向こう側に行ってみようかなって思ったんです。

でも止めましたね。だってすでにこれ約0.1トンですし。実際に100超えたところ誰も褒めてくれないですからね(笑)

しかしながら僕は前向きなデブなので、ふと思いついたんです。

体重0.1トの世界を体感しているって結構貴重な存在のでは?って。

hassy
hassy
なろうと思ってもこんな体になれませんからね。

 そこで今日は体重が約100キロになると人間の生活にどんなことが起こるのか?

どんなメリット&デメリットがあるのかをみなさんにお伝えしたいと思います。

デブのデメリットについては別記事で紹介していますので、ここではメリットについて僕の経験からお話しますね。

体重100キロのデブになるメリットは?

デブにメリットなんかあんのかよって思わないでくださいね。デブにもメリットはそこそこあります。

例えば・・・

メリット1:体が大きいのであまり絡まれづらい。

海外でも日本でも僕は怖い目にあったことってほぼ無いんですよね。

太ってるとガタイがすごく見えるから犯罪系のターゲットになりにくい。以前に普通体形だった時は海外では女の人にも絡まれていたくらいなのでこの効果は誇張ではなく本当に実感しています。

メリット2:人が好さそうに見えるので相手に不信感を与えない。

なんか、まるっこい人ってなんかやさしそうに見えますよね?それ僕です。

知らない人に話しかけられたり道聞かれたりするの結構多い方です。道聞かれ顔です。

あと、こちらから話かけても優しくしてもらえる気がします。

要は「自分に甘そうな奴だから他人にも甘いだろう」という安心感を醸しだしてるわけですね。

メリット3:目上の人からご馳走を平らげて信頼度アップ。

これはデブかどうかよりも「たくさん食べれる」かどうかが大事です。

よく付き合いなどで目上の人にごはんに連れてかれて「じゃんじゃん飲んでいっぱい食えよ!」みたいな場ありませんか?デブはそこで最高のパフォーマンスを発揮することができるわけなんですよね。

そんな僕は、人の食いっぷり飲みっぷりを見て喜ぶ大人にはクソほど気にいられて可愛がられることがあります。特に体育会系の人とかに多いです。もちろんお酒もそこそこ飲めるともっと良いですけどね。

メリット4:デブなのに前向きだとウケる。

世の中的にはポジティブなデブは「死ね」って思われるよるも「ウケる」と思われる方が多数を占めると僕としては実感しています。

「意識の高いデブ」というアカウントがありますが、この人の話がコンテンツ的に面白いのでめちゃくちゃフォロワーいます。

僕は死ぬほど共感できるので大好きです。デブのくせに粋がってんじゃねえよ感が面白いんですよね。

デブをこういう笑いに変えられれば、デブはむしろ人気者になれるんです。

たまーにデブなことをすごい気にしてるネガティブデブがいますけど、そういう人見てると殴りたくなっちゃいますね。同じデブとして。

メリット5:人よりも多くのモノを食べれて幸せ。

やっぱりこれに尽きますね。世の中には美味しいものが沢山あります。これを全部食べ切るには胃袋がいくつあっても足らないくらいですが、少しでも多くのものを食べるには身をデブにして食べ続けなければなりません。

たくさん食らって、美味しいものを伝える。そんな役割を担うブロガーさんもいます。

www.instagram.com

この方は僕が最も尊敬するグルメブロガーです。体重100キロ越えの立派なおデブさんですね。敬礼。

メリット6:筋トレするとすぐに筋肉がつく。

意外と知られていませんが、デブは筋肉がつきやすいです。

栄養を吸収しやすい体質なんですね。なので体が細い人と同じ期間筋トレをしても結果が全然違いますね。ボティビルダーも筋肉をつけるまでに一回太ったりしますからね。

筋肉をつけてより厚みのあるデブになりたいあなた、ぜひ筋トレしてみてはいかがでしょうか?

hassy
hassy
僕は御免ですけどね。だって疲れるし・・。

メリット7:デブ専の女性もいる。

最近の日本社会では、太っていることはだらしない・自分を管理できない・いじきたない、そんなレッテルを貼られがちなんですが、ほんとにそうでしょうか?

そうです。おっしゃる通りなんです。ちゃんと食事管理してたら太りやしませんよ。

でも、女性にモテないか?と言われるとそんなことはありません。

最近はちょっと太っているけど積極的な「ソーセージパン男子なんて言葉もあるんですよ。

太ってると優しそうだから好きっていう意見があるんですね。

あとはたぶん女性的に太ってる男を横に置いておけば自分が細く見えるというずる賢い理由もあると思うんです。それは別にいいじゃないですか、デブとしての役割を最大限に果たしましょうよ。

恋愛だけでなく結婚という意味でも、別に太ってるからと言って仕事につけないわけでもなければ、お金を稼げないわけでもありませんからね。結婚だってできます。

ちなみに僕の嫁はデブ専です。僕は80キロのときに今の嫁と結婚しましたからね。

嫁子
嫁子
お前はソーセージパンっていうより肉まんだけどな。

デブのメリットまとめ

このように、デブにも意外とメリットってたくさんあるんですよね。

僕の場合はずっと太っていたわけではなくて痩せていた時期もあるので太ることにメリットっとうのも体感しましたので紹介させていただきました。

太ってる人って何か良いことあるのかな?って思う人には新たな視点にしてもらえれば幸いです。

それにしても100キロって太りすぎですよね。体重いわ。

追記:結局ダイエットはじめました。

さんざんメリットを語ったのですが、結局のところ太っているとデメリットの方が大きいのでダイエットをすることを決意にしました。

デブも悪くないけどやっぱり痩せてもっと人生捗らせたいという人はぜひご一読ください。

あわせて読みたい
筋トレダイエットだけで5ヶ月で13.8キロ痩せた男の成果報告まとめ2018年の4月中旬頃からはじめた筋トレダイエットの成果報告をまとめました。 「これから本気でダイエットをしたい」とか「太りすぎて...
ABOUT ME
hassy
hassy
ヘンピな国で派遣社員として働きながらブログ書いてます。体重95キロから筋トレダイエットで14kg痩せたら行動力が倍増したので副業に注力中。30代が健康と収入面で幸せになれるコツをしぼりだします。最近脱メタボしました。副収入は約13万円。