海外旅行

英語っぽいのに海外では通じない食べ物の名前8選【和製英語】

日本語の中には、英語の単語をもとにつくられた和製英語があります。

これを知らずに海外のレストランやファーストフードで注文しても店員さんは理解してくれません。下手をすると全然違う料理がでてくることもありえます。

そこで、海外旅行へ行く前に知っておきたい食べ物の正しい英語の名前をまとめました。

海外では通じない和製英語の食べ物名8つ

今回は最低限しっておきたい食べ物に厳選して紹介します。

フライドポテト

ファーストフードやファミレスでお馴染みですが、これは「ポテト」と「フライ」をつなげた和製英語です。アメリカでは、”french fries” と言います。マクドナルドのメニュー表記も”french fries”なってます。

ちなみに、イギリスではフライドポテトを “chips” といいます。

ソフトクリーム

英語で言う”soft ice cream”の”ice”が省略された和製英語です。

英語の場合、ソフトクリームだけでは冷たい食べ物であると理解してもらえません。

サイダー

日本人が言うサイダーは英語では”soda pop”と言います。

“cider”はアメリカでリンゴのジュース、イギリスでリンゴ酒を指したります。

バイキング

英語では”buffet”です。

バイキング(Viking)という言葉は、8世紀から10世紀に存在した北欧の海賊の意味しかありません。

日本で初めてのバイキングスタイルのレストランを始めた帝国ホテルの当時の支配人が名付けたことから、今でも日本では一般的に使われているそうです。

シュークリーム

英語では”cream puff”と言います。

シュークリームをそのまま呼ぶと英語圏のネイティブには靴”shoe”とクリーム”cream”???とヘンな想像をさせてしまいます。

実は「シュー」はフランス語でキャベツを意味する”chou”から来ており、シュークリームの形がキャベツに似ていることからそう名付けられたそうです。

フランス語ではシュークリームのことを”chou a la creme(シュー・ア・ラ・クレーム)”と言います。

ウィンナー

英語にすると、”sausage”。

ウイーン風ソーセージ ⇒ ウィンナーソーセージ ⇒ ウィンナーと略されてできた日本語です。ウィンナー(Vienna)というだけではただの地名を指しているにすぎません。

アメリカンドッグ

日本ではコンビニで売っており、アメリカでも人気のスナック「アメリカンドッグ」ですが、こちらも和製英語。正しくは”corn dog”です。

と言いたいところですが、

ハンバーグ

ハンバーグは、英語では実は”hamburger”と言います。

ファーストフードのハンバーガー”hamburger”と同じ呼び方です。

バンバーガーと区別したい時は、ハンバーグのことは”hamburger steak”と呼びましょう。

以上、いくつかの食べ物の正しい英語名を紹介しました。

アメリカだけでなく、ヨーロッパや東南アジアを含めて英語が通じる国ならどこでも正しい名前の呼び方は同じです。

海外旅行に行く前には、ぜひ覚えておきましょう。

ABOUT ME
hassy
hassy
ヘンピな国で派遣社員として働きながらブログ書いてます。体重95キロから筋トレダイエットで14kg痩せたら行動力が倍増したので副業に注力中。30代が健康と収入面で幸せになれるコツをしぼりだします。最近脱メタボしました。副収入は約13万円。