仕事の話

会社をやるか無職になるか悩んだ末の僕の結論を話します。

 

めったに書かない自分の仕事の話をしたいと思います。
僕はいま海外に住んでいますが、別に海外でバリバリ仕事をしてハッピーライフを送ってるわけではありません。海外のとあるプロジェクトに契約社員として入って出稼ぎに来ているんですよね。

いままでどんな仕事をしてきたのか?

僕の社会人経験は7年。新卒で大手IT企業に入社して3年で退職。退職理由はシンプルで、
  • 大手サラリーマンとして働くことに向かなかった。
  • 海外で働きたかった。
というだけです。
退職した2日後にそのまま東南アジアのある国で個人事業を開業して、そのまま流れで日本で法人も設立しましたが、約3年間の事業運営でありったけのお金を使い果たしてしまい事業を縮小することになったんですね笑
 そんな時に、自分のスキルを活かせてなおかつ条件の良い仕事の話があって、海外に行くことを決めたワケです。
自分勝手に聞こえますが、基本的に法人はひとりで運営してたので、あまり他人には迷惑はかけていないと思います。

なんで事業は上手くいかなかったのか?

僕の事業が上手くいかなかったのは、単純に僕の経験不足と目標達成能力が低かったからですね。そしてその経験の少なさをカバーできるほどの知識も無かったし、行動力も足りなかった。
事業を縮小する時は、自分が信じて突き進んできた道を潰してしまうようで辛い部分もありましたが、その時の状況を考えると最善の決断だったし、情に引きづられてダメージの拡大をさせずに済んだことは良かったと思っています。

この先の僕は「また会社をやるかか無職になる」か。

僕の海外赴任はあと数ヶ月で終わります。
一応僕の会社はまだかろうじて生き残っていて、友人が社員として細々と回してくれていますが、僕が日本に戻ってすぐに食えるほどの利益は出ていないんですよね。
なので、会社の運営を続けるかそれとも僕個人はあらためて無職から再スタートするかのどちらかになるか、ここ2年くらいずっと考えてたのですがやっと答えがでました。

結論としては、また会社やります。

で、結局のところはまた会社に戻るつもりです。 会社が僕を受け入れる準備ができていないからと言って、このまま何もせずに就活してどこかの会社に入社する、別の仕事を探すということはあまりしたくありませんので。
というかサラリーマンになると基本的に自由が利かないんですよね。ベンチャーとかはかなり社員に裁量はあると思いますが、僕は残りの人生はどこまでも自由に生きたいんです。ちなみにこの辺はウチの嫁さんも諸手を上げて賛成するところ。

 やってみる前にできるかな?と疑問を抱くのダメだよね!

会社経営から3年ほど離れて日本の外でのうのうと働く僕がいきなり会社戻って再建できるのかな。過去の失敗を乗り越えて飯を食っていくことができるのかな。こっちに来てからずっと自分に問いかけていたたのですが、そんな風に考えること自体が愚の骨頂だと最近気付きました。
自分がそうしたいという気持ちを素直に受け入れて、できると信じて行動に移す。まずはやってみるところから始めるべきですよね。

あと残りの数ヶ月、考えながら手を動かしてみる。

そんな決心を最近したので、ブログでも仕事の話を書いてみました。
こうやって発信することで、同じような境遇の人とか、こういう境遇と乗り越えたパイセン達なんかと出会えたらいいなぁと思っています。
あと数ヶ月、自分が日本に帰って食えるように(無職にならないように)、できる限りたくさんの情報に触れて、考え抜いて、手を動かしてみます。
こんな感じで、今日は僕のプランをぶっちゃけてみました。
 最後に、僕がいつも気合いを入れたい時に見る歴史上の英雄「アレキサンダー大王」の名言を。
というわけで、これからもじゃんじゃん 挑戦していきます。
ABOUT ME
hassy
hassy
一生遊んで暮らすという目標を叶えるために毎日を充実させてパフォーマンス維持してます。現在海外に出稼ぎ中。趣味はグルメと旅行。食べるための筋トレダイエット継続中。(95kg→85kg達成)