ダイエット

デブが糖質制限したら3週間で5キロ痩せました!【食べてOK】

こんにちは、hassy(@pukapukalife)です。

今月から糖質制限をダイエットに取り入れはじめまして、順調に痩せています。

ここ3週間でどれくらい痩せたかをお見せします。

たったの3週間の糖質制限でマイナス5キロ?!

糖質制限を始める前の体重(8月25日時点)

糖質制限を始めてから3週間後の体重(9月18日時点)

たった3週間で約マイナス5キロ。ちょっと痩せすぎちゃったくらいです。

hassy
hassy
ダイエットは体の負担とリバウンドを考えると本来は週に1キロくらいの減量ペースが理想です。

糖質をちょっと制限するだけでこれだけの効果がありますので、ダイエットをしたい人には糖質制限はかなりおすすめです。

ただし、糖質制限は正しいやり方でやらないとうまくいかないということが、実際に試してみてわかりました。

正しい糖質制限とは、

  • 糖質を制限する代わりに他のものを食べる
  • 最低限の糖質も食べる
  • お腹が空いたら我慢せずに食べる

この3つのすごく重要なポイントです。

hassy
hassy
いやいや、糖質制限してるのに食べちゃだめでしょw

って言うデブは失敗する人の典型でして、糖質制限=ごはん食べちゃいけないと考えてる人はそもそも糖質制限のことをなにもわかっていません。そして、これは過去の僕についても言えたことなんですよね。

でも、僕はある医者が書いた本を糖質制限のバイブルにしたことによって糖質制限の方法に対する考え方が180度変わりました。

医者が教える食事術 最強の教科書

今回は、この本の重要部分に触れながら正しい糖質制限とは何なのかをお話したいと思います。

糖質(炭水化物)が唯一のデブる原因だった!

ダイエットのお悩みあるあるで、食べる量を減らしてヘルシーなもの食べながら一生懸命我慢してるのに痩せなかったりすることがあるんですよね。

毎食のごはんの量を減らして、春雨スープを飲んで、フルーツに置き換えをして1日の摂取カロリー考えてみたいな努力してみるんですが痩せないみたいな。

hassy
hassy
で、なんでうまくいかないかというとこれ全部間違いだったんです笑

いったいこれはどういうことか?著者の牧田先生の話によると、

ダイエットのためにカロリーや脂肪を制限してる人がいますが、いまの医学の常識では、肥満を生み出す原因は糖質であって、カロリーや脂肪は関係ありません。しかし、管理栄養士や医者でさえ、いまだにカロリー神話を信じている人が多くいます。

肥満は血糖値が上がることで起きるので、血糖値を上げる糖質を控えれば痩せていきます。これが、肥満の真実です。

ということらしいです。まず大前提としてカロリーを制限すれば痩せるってもんじゃないみたいなんですね。すべては糖質が原因だと。

hassy
hassy
じゃあ炭水化物を食べないとして、揚げ物とか脂肪が多いものも食べるわけにはいかいよね?そしたら何食えばいいわけ?

ってな疑問が湧くわけなんですが、この疑問にもスパッと解答してくれています。

脂肪を食べたからといって、それがそのまま体の脂肪になるわけではありません。
脂肪は食べ過ぎると便に出てしまい、案外、体内に残りません。

太るのは脂っこい食べ物をとったからではなく血糖値が上がったためです。逆に血糖値を低く抑えることさえできれば、肉を食べようと揚げ物を食べようとあなたは着実にやせていきます。

食べ放題のステーキランチと1枚のざるそば、太らないのは前者。太る原因は、唯一糖質(炭水化物)です。たっぷりの油で調理した肉や魚で太ることはないのに、ごはんを食べたら太るのです。

という驚くべき事実が明らかにしています。

つまり、糖質以外のものだったら何をどれだけ食べても太らない(むしろ痩せる)ってことなんですよ。

これは世界中のデブにとって最大の朗報ではないでしょうか?

糖質さえ食べなければ痩せるということであれば、その代わりの他のものを食べまくれば良い!

hassy
hassy
糖質制限ってそんな単純な話たっだんですよね。

そこで、糖質の代わりに僕は何を食べたか?

糖質以外はなんでも食える。それを聞いて僕はあるものを食べまくり始めました。

hassy
hassy
肉です。ステーキです。ウマイです。

hassy
hassy
卵です。1日平均2〜3個ほど食べていると思います。もちろんマヨネーズもしっかりかけます。

こんな感じに、肉や卵をひたすら食べていればお腹は満たされるのに体重は減っていくというとっても不思議な現象が起こるのです。

卵をそんなに食べまくったらコレステロールがやばくないか?という心配も以前はありましたが、牧田先生によれば食事のコレステロールは人間のコレステロール値にはほとんど影響しないという証明をしてくれています。だから全く気にする必要はありません。

hassy
hassy
牧田先生すごくないですか?この時点でもはや一生ついていきたいくらいです。

糖質(炭水化物)を食べないなら、他は何を食べても大丈夫!

糖質も少量なら食べても問題なし!

炭水化物を食べたら太るという話でしたが、それはあくまで程度問題であって糖質をまったく食べれないわけではありません。

確実に体重を落としていくためには、1日の糖質摂取量を60g以下に抑えるのが理想です。体重を維持するためには、男性で1日120g、女性で110g以下にしましょう。

hassy
hassy
えっ!そんなに食べていいんですか!?

糖質60gと言ったら白米で茶碗一杯、カップラーメン1個くらいは食べれます。外食のラーメンだったら半分くらい。それだけなら食べても痩せていく基準におさまるということなんですね。

そして、さらにその倍の糖質120gなら白米は二杯、カップラーメンは2個、ラーメンも1杯食べれられるます。このくらいなら食べても人間は太りはしないということをはっきりと示してくれているんです。

ダテにもともと100キロ級のデブをやっていたわけでないので、いくら痩せたい僕もさすがに糖質をまったく取らないというわけにはいきません。

だから、食べるときは普通に食べました。

hassy
hassy
ダイエットに禁断の天下一品こってりラーメン食べちゃってます。

hassy
hassy
炭水化物食べ過ぎて体調崩しちゃってます。

hassy
hassy
ホントにダイエット中か?ってくらい食べてますね。

ご覧のように、普通だったらダイエット中に絶対食べちゃいけないようなものも、1日60g〜120gの範囲内で管理をすれば痩せられるのです。これは知ってるのと知らないのでは大違いですよね。

これも牧田先生が言っていたことなのですが、糖質をとったあとはすぐに運動すると良いみたいです。

糖質を多くとったときは食後すぐに運動して、血糖値の上昇を抑えましょう。それによって確実に肥満が防げます。

肥満の原因は血糖値の上昇だそうなのですが、運動をするとこの血糖値の上昇を避けられるため、食後はすぐに動くことを推奨しています。

hassy
hassy
食べたあとは動くと胃に良くないとかよく聞きますけど、あれは完全に迷信だったんですね。

糖質制限=炭水化物を一切食べちゃダメってことではない!

腹が減ったらすぐになんか食べる!

とはいえ、普段糖質を1日60gに抑えているとお腹が空くこともあります。

そういう時は何かしらちょこちょこ食べるのが良いと牧田先生は言っていて、体に良い食べ物として次のようなものを挙げています。

  • オリーブオイル (エキストラバージンオイル)
  • ナッツ
  • ワイン (甘くないもの)
  • チョコレート (カカオ70%以上)
  • 大豆
  • チーズ
  • ブルーベリー
  • コーヒー (ブラック無糖)
  • 生もの
hassy
hassy
食べれるものがいっぱいある!

オリーブオイルは健康に良いといは聞きますが、なんせ油です。どうして体に良いのかと不思議に思ったのですが、どうやら血糖値を下げる効果があるらしく、炭水化物をとるときにはオリーブオイルも一緒にとると良いそうです。

ワインもお酒なのにどうして?と思いましたが、ワインにも血糖値を下げる効果があるようです。特に甘くない辛口の白ワインが良いみたいですね。あとウイスキーや焼酎などの蒸留酒でも良いそうです。

hassy
hassy
ハイボール好きの僕には大変ありがたい話です。

ナッツ、チョコレート、納豆が太らない食べ物なら、糖質制限中に空腹を感じてもいくらでもしのぐことができます。糖質制限って実はすごい簡単なのかもしれません。

血糖値を上げない食べ物であればちょこちょこ食べてOKなので、ダイエット中でも空腹に悩まされない!

糖質制限していると筋肉って落ちないの?

非のうちどころない糖質制限ダイエットなんですが、僕がこれまでやらなかった一番の理由が筋トレをしているのに筋肉が落ちてしまわないか心配だったからです。

しかし、牧田先生の次の説明を読んだら気が変わりました。

運動をすれば筋肉がつくというのは事実。しかし食事制限で痩せると筋肉が落ちるというのはウソです。脂肪が全部使われてしまったときにはじめて、私たちは筋肉のタンパク質質からエネルギーを得て筋肉が落ちるのです。

hassy
hassy
なんだ、糖質制限しても筋肉って落ちないんじゃん。

というわけで、筋トレと糖質制限を同時進行でやっています。いまのところなんらは問題ありません。

【結論】早く痩せたいなら糖質制限はするべき。

以上、糖質制限は正しい知識を持って行えば全然つらくないし、どんどん痩せていくということを僕の実践した結果をもとにお話しました。

糖質制限すると脳にエネルギーがいかなくて物事に集中できないうんぬんみたいな話もありま。しかし僕自身、デスクワークの仕事を日々ガッツリやっていても、集中できなくてぼーっとするとはまずありません。むしろ食後の眠気などが無くなるのでパフォーマンスが上がります。

そしてこのことは牧田先生も「問題ない」とお墨付きをくれています。

hassy
hassy
僕のブログの更新頻度を見てもらっても稼働し続けられているというのはよくわかりますよね笑

ですから、なかなか痩せなくて困っている人はぜひとも「正しい方法で糖質制限」を実践していただきたいと思います。

「医者が教える食事術 最強の教科書」の一読は激しくおすすめします。

僕がこの記事で紹介したことを参考にすればそれだけで少しは痩せると思います。

ですが、もしあなたがもっと大きなダイエットの成果を出したいのであれば、今回紹介した牧田先生の本を読んでみることをお薦めします。

僕が書き切れなかったさらに細かい食事法や痩せるために大事な血糖値のコントロール方法についても詳しく紹介されていますので、この辺の知識をつけた方が確実なダイエットの成功につながると思いますよ。

アマゾンのキンドル版ならいますぐ読めます。
ABOUT ME
hassy
hassy
一生遊んで暮らすという目標を叶えるために毎日を充実させてパフォーマンス維持してます。現在海外に出稼ぎ中。趣味はグルメと旅行。食べるための筋トレダイエット継続中。(95kg→85kg達成)