ダイエット

【筋トレ】Schiek(シーク)のリフティングベルトの使用感をレビュー【腰が楽チン】

こんにちは、hassy(@pukapukalife)です。

ダイエットのためにほぼ毎日ジムへ通って筋トレに励んでいると、結構な頻度で筋トレ中に腰を痛めてしまうんですよね。30代ってもう若くないです。

腰を痛めないようにするためにはトレーニング用のリフティングベルトが必須だということは知っていたので買ってみることにしました。しかし自分なりにいろいろと調べてみたものの種類が多いし価格も様々なのでどれを買っていいのかわからない!

最終的に、Schiek(シーク)というアメリカのウェイトトレーニングメーカーSchiek社が出しているベルトが良さそうだったので先日アマゾンでポチッと買ってみました。僕が買ったのは4004シリーズです。

お値段は7,500円前後で、リフティングベルトの中では安すぎず高すぎずの中価格帯の商品です。

軽くておしゃれなSchiek(シーク)のリフティングベルト

   こちらが僕が購入したSchiek(シーク)のリフティングベルト。カラーは数種類ありまして、僕はこの迷彩柄にしました。デザイン的には良い感じです。僕は腰回りが100cmほどあるのでMサイズ。大きすぎず小さすぎずでちょうど良いです。

ベルトの裏側はこんな感じ。真っ黒でシンプルなデザインで、ちょうど腰に当たる部分に分厚めのパッドが入っています。作りがチープでペラペラだったらどうしよう・・。」という不安が一番大きかったのですが、思っていた以上にしっかりとしていて厚みもありました。

3ステップで簡単なSchiek(シーク)の付け方

Schiek(シーク)リフティングベルトの巻き方を説明します。すごく簡単です。まず本体を腰に巻きつけてマジックテープで止めます。この時点ですでにしっかり巻きつけられてる感があります。

補助で固定するマジックテープ部分もあるので、こちらもさらにベルトのバックルに通して、

締め付けながら折り返せばもう装着完了です。簡単につけられるのはマジックテープ製のリフティングベルトの最大のメリットですね。しっかり巻きついてる感があって安定性は抜群、腹圧もばっちりかかっています。

ベルトをつけて筋トレをしてみた感想

さて、肝心なのはベルトを装着することで腰を痛めずにトレーニングができるかどうかです。実際に僕のいつものメニューであるバーベルスクワット90kg×10回×4セットをしてみました。

率直な感想ですが、めっちゃイイ!!腰が超ラク!!

僕のバーベルスクワットはまだフォームがブレ気味であるため常に腰への負担に気を遣ってトレーニングしていたのですが、ベルトによって腰回りがしっかりとサポートされているのでまったく気になりませんでした。

いつもより脚全体に力をかけられたので楽々4セットをこなすことができました。あまりに楽だったので100kg×8回×1セットも追加。普段はビビッって手を出さない100kgも腰を痛めずにあげられたのに感動!

ぶっちゃけここまで効果があるとは期待していませんでした。これはリフティングベルト全般的な効果であるはずですが、今回買ったSchiek(シーク)でも十分に目的が達成できるということがはっきりしたかと思います。

アマゾンカスタマーレビューの低評価に対する僕の見解

使用感として僕としては大満足なSchiekのベルトですが、そんな僕の感想に反してアマゾンの商品レビューにも気になる低評価がいくつかありましたので紹介しておきたいと思います。

マジックテープの剥がれ発生

購入して4ヶ月でマジックテープの裁縫がほつれてきました。使い続ければいつかとれると思います。週1回くらいの使用でこの状況です。
販売業者はこれに対して補償しないとのことなので、製品的にはすぐに使い物にならなくなるリスクがあります。マジックテープの剥がれさえなければ良いものなので、残念でなりません。
Schiek(シーク)リフティングベルトのAmazonカスタマーレビューより

最悪

これは、マジックテープがマジで取れやすすぎクソ。
かなり色々使ってきてるけど、こんな外れやすいマジックテープは初めて。
絶対やめたほうがいい
Schiek(シーク)リフティングベルトのAmazonカスタマーレビューより

うーん。マジックテープの部分自体にチープな印象はありませんが、この辺は買ったばかりの僕にはまだわかりませんのでしばらく様子を見てみたいと思います。どれだけ長く使えるかということはたしかに大事ですからね。

でも、トレーニング中にマジックテープが取れることはありませんでしたよ。明らかにテープ部分がはずれやすいようであれば不良品だと思うので、その際は返品交換をしてもらうと良いと思いますけどね。

ダメ

細すぎる。腰側のパットが窮屈でダンベルフライなどベンチ台に背中を押し付けるワークアウトだとそのパッドが痛いです。
Schiek(シーク)リフティングベルトのAmazonカスタマーレビューより

これは個人的な好みの話かと思いますね。たしかに腰のところにパットははいっていますが、これがあるから腰周りにきちんとフィットして腰への負担を吸収してくれています。試しにベンチ台に寝っ転がってみましたが痛いと思うほどの邪魔感は僕は感じませんでした。

Schiek(シーク)のリフティングベルト感想のまとめ

 

以上、Schiekのリフティングベルトを実際に使ってみた感想&レビューでした。最後に感想をまとめますと、

  • デザインがおしゃれ
  • ベルトは軽量だが作りはしっかりしている
  • 装着が超簡単。10秒でつけられる。
  • 腰回りのフィット感ばっちり。腹圧しっかりかかる。
  • 実際に筋トレしてみて腰への負担が大幅に軽減された。
  • マジックテープの寿命は使ってみないとわからない(次回報告します)
  • 腰のパッドが邪魔に感じるかどうかは人それぞれの好み

という感じで、結論としては価格に対して魅力的な点が多いので買いだと思います。これからShiek(シーク)のリフティングベルトの購入しようと考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

ABOUT ME
hassy
hassy
ヘンピな国で派遣社員として働きながらブログ書いてます。体重95キロから筋トレダイエットで14kg痩せたら行動力が倍増したので副業に注力中。30代が健康と収入面で幸せになれるコツをしぼりだします。最近脱メタボしました。副収入は約13万円。