仕事とお金

ほぼ何もせずに自動で月3万円の副収入を稼ぐ方法【超スモールビジネスのすすめ】

今の収入では満足できない。なにか副業したいけど、そんな時間も十分に取れないかもしれない・・。

そんな風に考えている人は多いかもしれませんが、ちょっとした工夫さえすれば、あまり労力をかけずに副収入を稼ぐことは可能です。

いまは派遣社員として海外で働いている僕ですが、それ以外でも活動をしているので本業以外の副収入があります。

副収入の金額は毎月約13万円。内訳はこのブログから月3万円で、事業収入が月10万円ほど。

事業収入とはちょっとした超スモールビジネスからの報酬です。不動産や株式などの不労所得ではありません。ビジネスといっても規模の小さい副業レベルなので、超スモールと呼んでいます。

この副業に関して僕はほぼ何もしていません。つまり自動的に毎月10万円が僕のポケットに入ってきています。

今回は、その方法をお話します。(※ちなみにチートではありません。)

誰もが月10万円稼げることを保証するわけではありませんが、それなりに行動すれば月3万円くらいはわりと稼げるはずです。

ちなみに、この記事に向いているのはこんな人たち。

  • 自分の手を動かさずに副収入がほしい人
  • 海外に住みながら副収入がほしい人
  • フリーランスとして稼ぐほどスキルに自信ない人

では、どうぞ。

労働せずに副収入を自動的に稼ぐ方法

まずは、自動でお金を稼ぐという考え方について知っておいてほしいです。

労働して稼ぐという考えを一度忘れてみよう【これ重要】

自動でお金を稼ぐためには、働いてお金を稼ぐ(労働する)という考え方をなるべく持たないことが必要です。

世の中の人々は大きく3つのプレイヤーに分かれます。

  1. 労働者:自分の時間からお金を生み出す人
  2. 事業家:自分のアイデアや仕組みからお金を生み出す人
  3. 投資家:自分の資産からお金を生み出す人

そして、ほとんどの人は1番目の労働者ですよね。

労働者は自分の時間と引き換えにお金に手にしているので、自分が持っている時間以上のお金を生み出すことはできません。

すでに本業で目一杯働いていて、自己スキルアップのための勉強があって、家族や恋人との時間がある人は、もはやそれ以上に労働で稼ぐ時間なんてないですよね。

そこで、2番目の事業家としての考え方必要になります。

小さな事業ならアイデア次第で簡単に仕組み化できる

たとえば、あなたがライティングの副業をしているとします。

クライアントから案件を受けたら「すべての案件を自分で片付けて報酬をマルッともらうもの」と考えますが、それは労働者的な思考になります。

ここで「他の人にやってもらって手数料だけもらおう」と考えるのが事業家的な発想です。

さらに「この手数料だけだと割に合わないから5倍の仕事をとってきて他のライターさん5人に外注しよう」と考えられれば、いよいよお金になりそうです。

事業を仕組み化するのにやるべきアクションとしては、

  1. ライターさんを5人囲って単価と支払いスキームを考える
  2. 案件数を増やす(今のクライアントに交渉 or 新たなクライアント確保)
  3. 納品物の品質チェックや納期管理のための担当者を用意する(自分でやってもOK)
  4. 指導マニュアルを作ってライターさんのスキルを上げていき、ライティング案件全体の単価アップにつなげる

これを実現させて回すことができれば小さな事業の仕組み化の完成です。うまく回っていればあなたのやることはほとんどありません。

クライアントから月20万円分のライティング案件を受けて、ライターさん5人に月17万円の予算で仕事を依頼していけば、あなたの労力は最小限で毎月3万円が自動的にはいってきます。

自分で大量のライティングをやるのではなくて、大量にライティング案件をこなせる仕組みで稼ぐといった形の超スモールビジネスです。

自分の仕事を他人にあげるだけで自動収入になる

僕の事業収入の方法について紹介しておきます。月10万円の収入がどこからくるかというと、僕は自分の仕事を友人にあげて報酬の一部をもらっています。

あくまで僕がその仕事の表に立ってリスクを負っていますので、そのための手数料的なものが僕の報酬になります。

もう少し具体的に言うとこういうことです。

  1. 仕事は僕が持ってきた仕事である。
  2. お客さんとの契約の名義は僕で、友人に業務委託をしている。
  3. もしトラブルが起きたら僕が対応することになっている。

友人のメリットは、僕から依頼を受けた仕事をやるだけで稼げることです。お客さんとの間で問題が起きたら僕が問題解決をします。ここでWIN-WINの関係が出来上がっているわけです。

リスクって大げさに聞こえますが、管理さえすればリスクは最小限に抑えられます。

  • お客さんや業務委託先との契約をキチンと結んでおく。
  • 信頼のできる友人や知り合いに仕事を頼む。
  • 問題が起きそうなことは事前に想定しておき、関係者に注意喚起しておく。

慣れないうちはトラブルは起きるものですが、多少の経験を積めばこの辺も自分の中でマニュアル化していくのでいずれはほとんど無くなります。

そういうわけで、いまの僕はほぼ何もせずに毎月10万円をもらい、派遣社員の本業もやれているのです。

スキルが無い人ほど仕組みで稼ぐのがおすすめ

どうして僕がこういう副収入の稼ぎ方をしているかというと、僕にはスキルと呼べるものがあまり無いからです。

もし僕がエンジニアやデザイナーであれば、自分で仕事を取ってフリーとして副業をしていたかもしれません。

でも残念ながら僕にはそういうスキルが無いので、このように仕組みとアイデアでお金を稼ぐ方法しかないんですね。

実際のところこの稼ぎ方は「フリーランスで稼ぐスキルが無い人」にこそ向いています。

スキルがある人は逆に、こういう仕組みで稼ごうはあまりしません。そんなヒマがあったら目の前の仕事をどんどんこなしていった方がお金になる場合が多いですからね。

スキルの無い人こそ、仕事を取るところだけやって後はできる人にお願いするべきです。

その代わりに契約やお金周りなどの面倒なところは担当してれば、お互いWIN-WIN関係でお金を稼げます。

これからスキルをつけて副収入を稼ごうとするのは悪い事ではありませんが、現実としてそれなりの時間がかかります。

「時間をかけなくても稼げる仕組み」を作ってから新しいスキルを身につける方が、お金面では苦労しなくて済むと思います。

小さな事業のアイデアって意外と落ちているものです

「そんな簡単にアイデアなんて思いつかないよ」って言う人がいるかもしれませんが、そんなことはないと思います。

月数十万~数百万円を稼ぐのであれば事業を登記してしっかりとビジネススキームを整えなければなりませんが、「月数万円の副収入を得るだけの超スモールビジネス」であればアイデア次第で稼げるものです。

hassy
hassy
経験則ですが、ぶっちゃけブログよりで稼ぐよりは早くて楽です(笑)

いくつか超スモールビジネスのアイデア例を挙げておくので、ぜひヒントにしてみてください。

すぐに始められる超スモールビジネスの例4選

アイデアと仕事をお願いする相手さえいれば、すぐに始められるビジネスは結構あります。

  • カテゴリ特化型のライティング案件:
    例えば派遣社員でライター副業したい人を集められるなら、派遣転職系の求人に特化したライティング事業ができます。
  • プログラミングやデザイン案件:
    簡単な案件をとってきて初心者エンジニアやデザイナーにお願いする。初心者エンジニアは実績が無いので、比較的安く案件をやってくれたりします。
  • 転職求人の紹介案件:
    中小企業の人事担当者とつながっておいて、転職したい人とマッチングしてあげる。あらかじめ話を通しておいてキャッシュバックをもらいます。
  • 物販案件:
    趣味でアクセサリーや小物を作っている人に代わって自分が売ってあげる。ネットで売っても良い。

海外でできる超スモールビジネスの例5選

もちろん海外にいてもビジネスはできます。むしろ英語ができるメリットを活かせばさらに可能性が広がります。

  • アウトソーシング案件:
    先進国に住んでいる人は単純作業系の案件を請け負って、東南アジアなどの人件費の安い国の人にネットで作業を外注します。データ入力などは実際に企業がやっていますので、特に信頼できる人材を確保できれば強みになります。
  • 留学学校紹介案件:
    現地の学校と直接つながっておけば、日本から留学したい日本人を直接紹介してあげればキックバックをもらえます。
  • 現地ガイド案件:
    知り合いが現地に観光に来たり企業が視察にくる場合に、現地ガイドに紹介して手数料をもらえます。
  • 物販案件:
    先進国に住んでいる人は海外ブランドを免税価格で買って日本の友人や知り合いにブランド品を安く販売することができます。いわゆるせどりですが、BUYMA(バイマ)などにショッパー(販売者)として登録すればそこそこの規模でビジネスができます。
  • 海外在住の日本人活用案件:
    途上国に住む日本人はスキルがあっても割と収入が少ない人もいるので、日本からのプログラミング案件や翻訳案件などを格安でやってくれることがあります。

こんな感じに、ちょっと考えただけでアイデアは思い浮かぶものです。

あなたの職業や住んでいる地域の特長を生かせば、これ以外にもできることがたくさんあると思いますよ。

仕事はクラウドソーシングサービスで依頼できる

やってみたいビジネスアイデアはあるけど仕事をお願いできる人がいないという人は、クラウドソーシングサービスで依頼すればOK。

地方や海外でリモートワークで仕事している人もたくさんいるので、実際のところ都内で友達や知人に頼むよりかなり安く請け負ってくれたります。

クラウドソーシングの案件には色々な種類があります。中には「えっ?そんな仕事をこの価格で依頼できるの?」みたいなものがあって驚きますよ。

この辺の案件を見てみると「超スモールビジネス」のアイデアもより浮かびやすいと思うので、ぜひ覗いてみてください。

※無料登録しないと案件が見れないところもあります。

まずは何か試しにやってみることが大事です。

以上、副収入を自動的に稼ぐための方法を紹介しました。

結論、何もせずにお金を稼ぐ秘訣は「自分の小さな事業を持つこと」です。

これ以外には資産家にでもならない限り自動収入を得る方法はありません。自分がもっている時間やスキル以上のお金を稼ぎたい人は、アイデアを活かして稼ぐという選択肢をとりましょう。

大事なのは大きく稼ごうとしないことです。大きく稼ごうとすればするほど時間や初期投資などのコストが必要になります。

あくまでローリスクローリターンの超スモールから始めるのがおすすめです。

具体的にどうやるの?何を考えたらいいの?って人はこちらの書籍が参考になると思います。

最低限の勉強をして、「副収入を少しだけアップさせる!」くらいの小さな目標から始めれば、意外と簡単に実現できてしまうはずです。

まずは自分がすぐに行動できる小さなアイデアから実行してみましょう。

ABOUT ME
hassy
hassy
ヘンピな国で派遣社員として働きながらブログ書いてます。体重95キロから筋トレダイエットで14kg痩せたら行動力が倍増したので副業に注力中。30代が健康と収入面で幸せになれるコツをしぼりだします。最近脱メタボしました。副収入は約13万円。